What's New

ミュージカル教室クローバー🍀

 

2016年 e-stage.com

e-stage 三田市/神戸市でミュージカル教室を開催中

 

 場所・日時)

1)さんだ市民センター

 

12月22日(日)16~17時半(さんだ市民センター/視聴覚室)

 

 ※詳細お問い合わせください。

月謝)¥3000/月3回

バレエ基礎、ダンス、歌、芝居の基礎から楽しく学べます。公演ではプロの人たちと同じ舞台へ。下記までお電話かFAX、HPお問い合わせフォームよりお問い合わせ、お申込みご連絡お待ちしております。小学生以上参加可。

  

 西宮市北六甲台3-20-9

 西宮市名塩赤坂9-10

 TEL 090‐6326‐0893

       (村崎まで)


    

アンネの舞台DVD完成!

お問い合わせの有りましたアンネ・フランクのDVDが出来上がりました。一部の映像を左記よりご覧いただけます。本編DVDのお問い合わせ、お申し込みは本ページ上部のお問い合わせのコーナーより投稿してください。

 アンネ・フランク公演の写真をアップしました。

ギャラリーからどうぞお入りください。

西宮映像/えにしみらい

舞台・ミュージカル・ダンス・イベント撮影は経験豊富な西宮映像にお任せください!

詳しくは下記の弊社HPをご覧ください。

〒658-0065
兵庫県神戸市東灘区御影山手3丁目2-22
[TEL] 078-862-3757/090-6756-0081
[FAX] 078-862-3757
[E-mail]s.yamamoto@n-film.net
[HP]     http://n-film.net/

E.S.C(e-stage.com)へのお問い合わせ      ※メールアドレスのお間違いがありますと返信が届きませんのでご注意ください。

メモ: * は入力必須項目です

ようこそ、e-stage.com のホームページへ

e-stage.com とは?:

 わたしたちは「お客様が純粋に感動できる舞台を

 作り上げたい!」

 そんな気持ちから制作活動しています。

 脚本、音楽、演出、役者、スタッフ全てが良質である

 舞台を追求します。

 

  emotional…感動的な stage…舞台の 

  company…仲間たち の意味から

   e-stage.comは生まれました。

2019年三田市にて市民活動推進プラザ市民活動まつりにて   私たちの舞台も無事終演しました。

2019年12月8日

三田市市民活動祭りにて

「ミュージカル アラカルト♪」

無事終演いたしました。

お越しいただいた皆様、

スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

2019年 1歩ずつ前へ。本年もよろしくお願いいたします。

 

皆様にとって、今年も良い年であります様に。

私たちもより良い舞台づくりができるよう、頑張ってまいります。

 

NEW!

その1 タップダンス始めました!

三田教室にて新しくタップ

ダンスをはじめました!

ミュージカル教室の一環と

してやっています。

皆さん新しい靴を鳴らし

ながら楽しくレッスンして

います。

あなたもご一緒にいかがですか?お問い合わせは左記までご連絡くださいね。

その2 大人のミュージカルサークル発足!

大人5人によるミュージカルステージを目指す本格的サークルを

結成しました。歌やダンスなどコンサートを企画中!乞うご期待です。

 2018年 8月24日 

「ムッちゃんの詩」 無事終演いたしました。

台風の影響の残る中、多数のご来場ありがとうございました。

2018年 12月1日(土)

三田市まちづくり協働センター(キッピーモール6階)にて

市民活動まつりにE.S.Cのメンバーも参加します。

今回のテーマは「たのしむ!」

クリスマスのお馴染みの歌をメンバーで歌います。

E.S.Cは13時20分頃からスタートです。

 

赤鼻のトナカイ きよしこの夜 荒野の果てに Let it go  ほか

 

皆さんもご一緒に歌いましょう!

 

 

 

2016年8月7日 三田市「平和を考える市民の集い」 むっちゃんの詩から舞台公演「朝は来ていたのに」無事終演いたしました。多数のご来場、ご感想いただきありがとうございました。

 

8月7日 (日)上演「平和を考える市民のつどい」

タイトル)「ムッちゃんの詩 朝は来ていたのに」谷孝司作 

脚色/演出 村崎佳子 照明/デライト 武田耕生/鈴川晃子 音響/入江久美子

舞台/
日時) 8/7(日)13:30~15:30劇は14時

 

第1部 三田市少年少女合唱団による歌

第2部 むっちゃんのうたより「朝は来ていたのに」演劇公演

第3部 中尾町子さんによる講演会

 平和式典
場所)三田市総合福祉保健センター 多目的ホール  
主催)三田市市民生活部  市民文化室 人権推進課「平和を考える市民のつどい」実行委員会
/e-stage.com

 

「むっちゃんの詩」について

 

著者の体験をもとに、太平洋戦争の終戦間近に疎開先の大分市で出会った睦子(ムッちゃん)という孤児の少女が、結核に冒され、防空壕に隔離されて、終戦も知らされずに息をひきとるまでを描いた作品。

 

1977年(昭和52年)に作者が投稿した手記が毎日新聞に掲載されたことがきっかけとなり、ムッちゃんという少女の存在が世に知られるようになった。そして、1982年(昭和57年)には児童文学作品としてまとめられて出版され、1985年(昭和60年)に映画化もされている。映画の制作会社は関西共同映画社。

 

舞台となった大分市にある平和市民公園のわんぱく広場には、1983年(昭和58年)8月に村上炳人作のムッちゃん平和像が立てられ、毎年8月中旬にムッちゃん平和祭が開催されている。また、京都市北区にある立命館大学国際平和ミュージアムには、ムッちゃん平和像の原像が展示されている。


 目的)「ムッちゃんの詩」の劇と講演を行うことにより、戦争の悲惨さ、平和の尊さを若い世代にも伝え、二度とこのような悲劇が起こらないように記憶を次世代にも受け継いでいく。

 

脚本内容)ムッちゃんは小学6年生。お父さんもお母さんもいない。彼女は肺病を患い、防空壕に一人暮らしている。空襲があると皆が防空壕にくるので、ムッちゃんは嬉しい。しかし皆はムッちゃんが肺病でうつされては困るとこどもを遠ざけようとする。そんな中、町子だけはムッちゃんと仲良くなろうとした。
やがて終戦の日。だがムッちゃんはそれを知らず防空壕の中で一人ひっそりと息を引き取る。

 

2015年10月17日、18日 4回公演 ミュージカル「幸せの王子」再演 無事満員御礼で終演いたしました。

伊丹市立演劇ホール AI・HALL にて無事公演終了いたしました。

たくさんのご来場誠にありがとうございました。

ミュージカル「幸せの王子」プロモーションビデオ完成!

3月神戸市での公演のプロモーションビデオが完成しました。


ミュージカル「幸せの王子」公演
 
・日時   2015年 3月20日、21日

・実施場所     神戸市灘区民ホール
          〒657-0832 兵庫県神戸市灘区岸地通1丁目1−4
                   http://nadakuminhall.net/
・後援   兵庫県・兵庫県教育委員会・神戸市文化振興財団

 

 ・ストーリー概要
  宮廷の王子は若くして病死、のち市民の広場に王子の銅像が建てられる。王子のその像には、王子の心が宿っていた。小高い丘から王子の像には貧しい人々の暮らしが見え、心を痛めるが、そんなとき南へ移動する途中のつばめに出会う。つばめは王子の頼みで、王子の像に使われている宝飾類を人々に運び、与える。やがてみすぼらしくなった王子の像は壊され、つばめも寒さのために死んでしまう。その様子を見守っていた天使たちは、王子とつばめの魂をもっとも貴いものとして神のもとへと運ぶ。
    


ミュージカル「幸せの王子」DVD完成!好評受付中!

発売中 販売価格 ¥3000

DVDお申し込みは上記申し込みボタンよりご予約ください。

アンネ・フランクパネル展 全国巡回中

昨年に引き続き、アンネ・フランクパネル展が全国で巡回中です。学校、施設、公共関係で希望されるところがございましたらご連絡ください。アンネ・フランクのDVDも試写

試写可能です。DVDはページの下をご覧ください。(一部抜粋鑑賞可)


※ e-stageでは、次回作に向け、広くご協力いただけるスタッフを募集しております。

詳細は上記問い合わせボタンよりお問い合わせください。


 

「ひとひらの雪」2008年9月6日〜7日 日本の昔話、つるの恩返しをもとに生まれた作品 

              脚本)村崎佳子 作曲)野村聡美

  ご観劇ありがとうございました。

 好評の内終演いたしました。

2013年7月7日 反戦平和音楽朗読劇「あの日」

私には、たいせつな人がいます。愛する人がいます。

そのひとたちがずっとしあわせでいますように。

ずっとびょうきやじこ、せんそうで死んだり、

傷ついたりしませんように。ずっとずっと、みんなが

へいわでしあわせにくらせますように。

みんなでいっしょに考えませんか。戦争と平和について

うたと詩、おどりとお芝居でお伝えします。

  

 日時) 平成25年 77日(日)

1800開演(1730開場)1930

終演

場所 三田市総合文化センター郷の音ホール(小ホール)

 

 

構成・演出 / 村崎佳子 

 

大岡美佐(元劇団四季)  田中和葉(JMA) 

主催:E..C   共催:三田市総合文化センター郷の音ホール

 

※DVD現在制作中です。ご期待ください。


※公演感想より一部抜粋

 

・詩、うた、ダンス、それぞれが胸に迫り感動しました。

戦争について考えさせられました。


・郷の音ホールで、「あの日」の舞台を拝見しました。
平和へのメッセージが、静かにそれでもしっかりと伝わってきました。
 これだけの素晴らしい内容なのに、もっと沢山の人に観てもらいたい・・・
 派手ではないけれども、大切なことを伝えるこの舞台、学生も含めて若い世代に反戦のメッセージを伝え続けて欲しい。できれば「あの日」のあった夏のイベントとして今後とも続けて頂ければいいですね~。

 

「ひとひらの雪」(夕鶴より)

                                                                    e-stage.com

                                                                       代表)村崎 佳子

                                                                                        住所) 〒6691149

                                        西宮市名塩赤坂910

                                                                                  TEL 09063260893

                                                                             FAX 0797612146

   

「アンネ・フランク」(アンネの日記より)2012年 2月

「アンネ・フランク」とは?

ストーリー概略と主旨

 主人公アンネ・フランクは19296月フランク家の次女として

 フランクフルトで生まれる。1930年後半、ドイツのナチスの

 台頭によるユダヤ人弾圧政策から逃れるため、1942年から

 1944年までオランダの隠れ家に移り、そこでファンダーン家と

 デュッセル氏の8人で共同生活を送る。

 その2年半にわたる生活と成長の記録をアンネは一冊の日記に

 付けていた。

 やがて1944年、秘密警察の手により、隠れ家は発覚、

 住民皆強制収容所へと送られ、アンネの父フランク氏を除いて

 命を落とす。やがて終戦後、隠れ家跡に戻ったフランクの元に

 保管されていたアンネのつけていた日記が届けられる。

 父フランクは、アンネの生前のジャーナリストもしくは

 作家になりたいという意思をくみ、彼女の日記を編集後出版、

 のちその本は世界中で刊行される。

 今回はその事実と日記をもとに舞台化、事実を広く知らせ、

 平和の意味を問いたい。